読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拉麺帳面

ラーメン食べある記

元祖 東京家系ラーメン 横横家 東京店

ラーメン(並) 500円 + 味玉 70円 + 青菜 60円 + きくらげ 10円 + きゃべつ 10円 + チャーシュー 50円 + 海苔 30円

f:id:aratah:20160325214102j:plain

 

2/10金沢八景より移転オープン。それを機に「東京家系」を名乗るようになり、

ラーメン屋としては珍しいセルフトッピング方式を導入。

 

ただし開店当初より、大幅な価格とシステムの変更があった模様。

トッピング類の最低価格が30円→10円に、全て税込み表記に。

麺のサイズと好みをを選んで、トッピングの小鉢を自分で取り、

会計をした後は席で待っていると、トッピングを盛りつけて運んできてくれる。

 

それでも、予備知識無く入店した人は混乱するようで、

その都度説明していて、コストカットになっているのか不明。

 

麺は並盛り硬めで注文、基本のトッピングとキクラゲ・キャベツを選んで席で待つ。

お冷はステンレス製のカップ。もちろんセルフサービスなのだが

席にポットがないので若干不便。

 

トレイに乗って丼が登場。

家系らしくない小さめの丼なので、表面が埋め尽くされスープが見えない。

木のレンゲですくい出したスープは、ノーマルでもかなりしょっぱめ。

後から調整出来るとのことだが、とりあえずそのままで。

探り出した麺は中太縮れ。硬めと言ってもそれほどではなかった。

チャーシューは切り置きだったので、トングで掴んだ時から予想通り。

青菜・キャベツの野菜類とネギは無料だったのでたっぷりと。

家系には珍しいキクラゲがかなりの存在感。

味玉はしっかり半熟。海苔は3枚づつパックされていたので、パリッと新鮮。

 

卓上にはポットに入った、

きざみしょうが・無臭にんにく・行者にんにく・からしみそ、

ラーメンコショー・らーめん酢・ごま・魚粉と豊富なラインナップ。

それらを駆使してカスタマイズ。

 

味も値段も悪くないので、あとはシステムが浸透すればよいのだが。

 

 

 

 

 

 

este o este

este o este

  • YOKOYOKO
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥150