拉麺帳面

ラーメン食べある記

つけ麺 陽

担担つけ麺(並) 950円 + 中盛り 50円→0円

f:id:aratah:20180107202342j:plain

 

昨年6/24オープン。「糀や」→「照久」→「一泉」と変わってきた場所。

店主は閉店してしまった「二代目 狼煙@綾瀬」の店長を務めた人。

 

暖簾・看板などは「つけ麺/らーめん 陽」と二段表記だが、

Twitterアカウントは「つけ麺 陽」で、明らかなつけ麺推し店。

ということで、その中でも「おすすめ!」マークの付いたメニューの

並盛りをチョイス。

 

カウンター席に着き食券を渡すと、やけに早く麺丼とつけ汁が登場。

あまり気にせず食べ進めていると、隣の先客に遅れて同じメニューが到着。

しかもサイズが間違っているらしい。

どうやらこちらに中盛り、あちらに並盛りが配膳されたようだ。

店員の丁寧な対応でとくにトラブルにならなかったが、若干気まずい思いで食す。

 

麺はコシの強い太ゆるウェーブ。

つけ汁は濃厚な豚骨魚介スープに、胡麻の風味とシビカラの肉味噌。

具材に松の実・チンゲン菜・荒みじん切りネギ、

中にはブロック状のチャーシュー・大きな穂先メンマ。

麺の上には低温仕上げのレアチャーシュー。

つけ汁が多めなので、麺にたっぷり絡ませても無くならず。

途中から卓上の山椒を振りかけて痺れを追加。

最後は昆布出汁の割りスープで〆る。

 

結果的にサービスしてもらったにもかかわらず、

帰り際に注文間違いを謝罪してくれた。

このような行き届いた接客も人気の秘訣なのかも。

 

 

東京都葛飾区堀切4-57-15

 

 

 

 

陽

  • provided courtesy of iTunes