拉麺帳面

ラーメン食べある記

大つけ麺博 美味しいラーメン集まりすぎ祭

今年も始まった「大つけ麺博」。

10/3~11/4までいつもの大久保公園で行われるが、今年の出店はなんと100店。

10の店舗ブースに常時7店舗以上が、1日~5日の間隔で入れ替わりで出店。

 

一応スタンプラリー的なものはあるが、最低でも25店舗。

専用の台紙がなく、パンフレットに判子を押してもらうだけなのでイマイチ。

 

一杯870円と昨年より値上がり。

コンビニ前売り券はなく、10枚綴りの回数券で一杯800円。

 

公式スポンサーとしてGABANが就いたので、各テーブルには胡椒の缶が常備。

ブラックとホワイト、どちらがオススメかパンフレットに表記されている。

 

当日は雨でほとんど並びはなく、すぐに受け取ることはできたが、

後半雨が止んでからは、客足が戻ってきた。 

 

 

あの小宮×伊蔵八@東京都

1,076の滴(ラーメン) 870円→800円

f:id:aratah:20200310101658j:plain

 

「TETSU」創業の小宮氏プロデュース店「あの小宮」と、経営店「伊蔵八」のコラボ。

3日~5日はつけ麺、6日~7日はラーメンを提供している。

 

スープは「あの小宮」の煮干・鰹節と「伊蔵八」の椎茸・昆布を使った旨味ブレンド

麺は極細ストレートでパツッと歯応え。

大きな鶏モモブロックのチャーシューは、柔らかジューシー。

たっぷりの青ネギがシャキシャキと好食感。

 

 

ラーメン専科 竹末食堂@栃木県

℃濃厚帆立ソースの鶏つけ麺〜トリュフの香りと共に〜 870円→800円

f:id:aratah:20200310102255j:plain

 

こちらは栃木の有名店。押上の支店には一度訪問したことがある。

 

器を受け取る際に、麺にトリュフオイルがかかっているので、

「先ずはそのままお召し上がりください」と言われる。

 

麺はトリュフの香る、極太縮れ麺。

つけ汁は表面に膜が張るほどの濃厚鶏白湯。

麺の上には帆立ペースト・バラチャーシュー・味付けメンマ、

タマネギのみじん切り・カイワレがトッピング。

帆立ペーストを麺に絡めながら、ズバッと食すと3種の旨味が広がる。

 

スープ割りは店頭に用意された、レモングラス茶を注いでスッキリさっぱり〆る。

 

 

中華そば 土屋商店@和歌山県

特製まぜそば 870円→800円

f:id:aratah:20200310102432j:plain

 

こちらの和歌山ラーメンの店はまぜそばで勝負。

 

サイコロ状のチャーシュー・たっぷりのメンマ・青ネギ・白ネギ・ナルト、

中央に卵黄がトッピング。

しっかりタレの絡んだ太縮れ麺を、下からしっかり混ぜ合わせる。

和歌山ラーメンの濃いめのタレが、卵黄でマイルドになり、

トッピング具材の食感が色々楽しめる。

GABANのブラックペッパーとの相性も良い。