拉麺帳面

ラーメン食べある記

大つけ麺博 美味しいラーメン集まりすぎ祭

約一ヶ月に渡り開催された「大つけ麺博」も、いよいよ最終日。

最終日限定の店舗もあって、初日以来の全10店舗勢揃い。

 

昼間覗いたときには、人気の「六厘舎」は店舗前では並びきれず、

離れた場所にも行列を作っていたが、19時頃には落ち着いたようだ。

 

最後の一杯は10枚綴りの回数券が無くなったので、定価で食券購入。

 

 

ハルピン@長野県

寝かせダレ チャーシュー麺 870円→800円

f:id:aratah:20191104185306j:plain

 

最終日のみ出店。

創業昭和47年。長野県諏訪市の名店。

 

スープは甘味が支配する独特の味わい。

柔らかめの中細縮れ麺。

4年間寝かせたニンニク醤油のタレに漬けられた、柔らかチャーシュー。

シャキシャキの白髪ネギ・青ネギ・メンマ・1/2味玉がトッピング。

店頭の辛味スパイスでピリッとアクセント。

 

 

自家製中華そば 麺の虜 牛の虜@山梨県

濃厚和牛つけ麺 870円→800円

f:id:aratah:20191104194911j:plain

 

訪問時点で一番行列が長かったこちら。隣の店舗のレーンも潰して行列を作っている。

行列の原因は、一回に3杯づつしか茹でていないようで回転が悪い。

 

30分ほど並んで器を受け取る。

盛り付けも丁寧で、なるほど時間がかかるのはわかる。

 

麺はパキッとコシの強い中太ストレート。

つけ汁は濃厚クリーミーな牛白湯にたっぷりの青ネギ。一口啜ると牛の旨味が広がる。

チャーシューはもちろん牛バラ肉。甘めのタレが絡んで肉汁があふれる。

店名がプリントされた海苔1枚と、おろしニンニクが添えられる。

卓上のブラックペッパーと、ニンニクを少しずつ溶かしながら味変化を楽しむ。

残念ながら割りスープは用意されていなかった。

 

 

六厘者@東京都

世界に向けた 凶暴つけめん 870円

f:id:aratah:20191104200403j:plain

 

この日だけ登場した「六厘舎」ならぬ「六厘者」。

「六厘舎」を卒業したジャンプ・くり山・さなだ・カネキッチンヌードルの店主と、

三田店主に、カリスマ製麺師の不死鳥カラス氏を加えた6人が作り出す奇跡のつけ麺。

 

開演前からものすごい行列で、数時間待ちとなっていたようだが、

訪問時には列も捌けて、店員もイベント慣れしているおかげで、

待機時間5分でスムーズに器が受け取れた。

 

麺は復活した鎖国麺。極太縮れの麺は凶暴と称されるつけ汁に負けないコシ。

そしてつけ汁。濃厚な豚骨魚介スープに、柑橘系の酸味と山椒の痺れ。

つけ汁の中にはゴロゴロのチャーシューとメンマ、たっぷりのネギが沈む。

 

あっという間に完食。

店頭では不死鳥カラス氏が、自ら割りスープを注いでくれるので、

最後まで楽しめる一杯。