拉麺帳面

ラーメン食べある記

つけめん さなだ 千住本店

大山鶏のつけめん 900円

f:id:aratah:20200402113413j:plain

 

昨年10/25に埼玉県の三郷から移転オープン。

本店となっているが、今のところ支店はない模様。

店主は「六厘舎」の元店主とのことで、移転前から人気店。

 

店頭に行列がないのは午前中の訪問だったからか、新型コロナウィルスの影響なのか。

店内入り口には着物を着た女将がお出迎え。

券売機と席の案内はしてくれるが、何故かお冷はセルフサービス。

 

元々12席だったカウンター席を、感染予防のため10席に減らして広々。

カウンターの上段には、トレイに箸置きに置かれた箸がセットされている。

茹で時間長めで暫し待つ。

 

麺とつけ汁はトレイの上に登場。

本来ならばこのタイミングで、商品の説明があるはずなのだが、

感染予防のためこちらも省略。いろいろ大変。

 

麺は「浅草開化楼」特注の全粒粉入り極太ストレート。

タピオカ粉配合でツルッとした喉越しでスルスルと収まる。

つけ汁は大山鶏のスープに、豚のゲンコツ・背ガラ・豚足・挽肉の旨味と、

宗太鰹と青口煮干しの風味。海苔1枚とざく切りネギが浮かぶ。

麺の上にはトッピング具材。

鶏チャーシューはしっとり柔らか。豚チャーシューは柔らかながらワイルドな旨味。

メンマは極太しっかりとした味付け。鶏節は大きめでパリッと歯応え。

卓上の粗挽き胡椒と一味でアクセント。

グレープフルーツ酢は途中で麺に垂らして味変化。

 

スープ割りは、つけ汁碗をカウンター上段に置いてお願いする。

お好みで柚子皮を入れてもらえるので、そちらもお願いした。

魚介の風味と柚子の香りが立ち、少し濃いかと思ったが気付いたら完飲していた。

 

 

 

 

大山どり 鍋セット

大山どり 鍋セット

  • メディア: その他