拉麺帳面

ラーメン食べある記

つけめん TETSU 御徒町らーめん横丁店

濃厚鶏白湯煮干 900円 + 和え玉 0円

f:id:aratah:20200217134627j:plain

 

2月・御徒町店限定のメニュー。

和え玉一杯無料サービス。

 

少し小ぶりの丼で登場。熱々なので注意。

スープは濃厚な鶏白湯に、たっぷりの煮干し粉。

麺はパキッと細ストレート。

しっとり柔らかな厚切り肩ロースチャーシュー。

岩海苔・紫タマネギのみじん切り・カイワレがトッピング。

卓上の揚げネギ・黒胡椒・柚子八味でアクセント。

 

麺を食べ終えて和え玉をお願いする。

おそらく「TETSU」初登場の和え玉は、楕円形の器で登場。

茹でたて細ストレート麺の上に、煮干し粉・岩海苔・紫タマネギのみじん切り、

底にはタレが沈む。

先ずはそのまま、まぜそばとしていただく。

底からひっくり返して啜ると、甘めのタレと魚粉が麺に絡み麺の歯応えが心地よい。

続いてつけ麺として、麺を浸けていただく。スルスルと喉越し良く麺が収まる。

最後はスープに投入。スープまで完食完飲。

 

和え玉 0円

f:id:aratah:20200217135219j:plain

 

 

 

 

あみ印 二代目 鶏白湯スープ 1㎏

あみ印 二代目 鶏白湯スープ 1㎏

  • 発売日: 2015/05/01
  • メディア: 食品&飲料
 

 

 

 

真鯛らーめん 麺魚 錦糸町PARCO店

胡麻真鯛らーめん 雑炊セット 1210円

f:id:aratah:20200213142455j:plain

 

時期限定・パルコ店限定のメニュー。

胡麻真鯛らーめん 935円」と「真鯛雑炊丼(小) 275円」のセット。

 

本店は以前訪問したが、こちらは昨年3月にオープンした、

錦糸町PARCO」のフードコート。

 

注文口でオーダーしてブザーを渡される。

店舗併設のカウンター席もあるが、フロアの大きなテーブルで待つ。

お冷やはセルフで紙コップ。

 

程なくしてブザーが鳴り、トレイを受け取る。

スープは真鯛の旨味と胡麻の風味。

麺は全粒粉入り中細ストレート。

真鯛のほぐし身・レア仕上げ薄切りチャーシュー・ホウレン草・海苔1枚、

おろし柚子。

ほぐし身がスープに溶けて旨味が増す。

 

雑炊丼は炙った真鯛のほぐし身・青ネギ・おろし柚子。

麺を食べ終えた後に、スープを注いで雑炊の完成。

真鯛の旨味が凝縮された雑炊を、〆に味わう。

 

 

 

 

 

 

 

つけ麺専門店 三田製麺所 ヨドバシAkiba店

濃厚魚介辛味噌つけ麺(大盛) 960円

f:id:aratah:20200207164043j:plain

 

本日最終日の冬季限定メニュー。

辛味噌の方を注文。麺は無料の大盛り、オススメのあつ盛りでお願いした。

 

茹で時間長めで、暫く待って登場。

麺は極太ストレート、ふわふわの食感。

つけ汁は背脂の浮かぶ濃厚味噌に、ピリ辛辣油が表面を覆う。

麺の上には、モヤシ・キャベツ・ニンジンのたっぷり茹で野菜。

つけ汁の中にはサイコロ状のチャーシュー・メンマ、浮かぶ海苔・ネギ・糸唐辛子。

辛さはそれほどではないのだが、啜ると熱々の麺に辣油が絡みついてむせる。

別添えのおろし生姜とおろしニンニクで、味変化しながらゆっくりいただく。

後半に麺がダレてきたら、卓上のポットから割りスープを注いで滑らかに。

〆にはスープ割り。

 

 

 

 

 

 

 

中華麺と蕎麦 ぐるぐる軒

蕎麦つゆと煮干し出汁の肉中華そば 700円 + 生玉子 0円 + 炊き込みご飯 0円

f:id:aratah:20200206115142j:plain

 

昨年3月に大手町から移転してきた、串焼き店のランチメニュー。

看板通り、中華麺と蕎麦を提供。

 

店内は簡素なテーブル席とカウンター。

蕎麦は冷やしのみだったので、温かい中華そばを注文。

無料サービスの、生玉子と炊き込みご飯をお願いした。

 

お冷はジョッキで登場。

暫し待って丼、続いてご飯の茶碗と生卵の小鉢。

 

スープは甘めのカエシの蕎麦つゆに、ザラッと破片の残る煮干出汁。

麺は歯応えの良い細ストレート。

茹でた豚バラ肉・うずらの茹で玉子2個・たっぷりの笹切りネギ。

卓上の一味唐辛子でアクセント。

途中から卵を割り入れて、月見を楽しむ。

 

炊き込みご飯は油揚げと出汁のシンプル仕上げ。

 

炊き込みご飯 0円 + 生玉子 0円

f:id:aratah:20200206115248j:plain

 

 

東京都葛飾区立石4-28-20 ロイヤルハイツ101

 

 

 

 

 

博多 一風堂 上野広小路店

味噌白丸 979円→550円 + Aセット 110円

f:id:aratah:20200205141455j:plain

 

スマホアプリのクーポンで、ラーメンメニュー550円。

 

本日スタートの限定メニュー。3/22まで。

先月いただいた味噌赤丸に続き、白丸バージョン。2014年以来食す。

 

ランチタイムなので、餃子とライスのAセットをつけた。

 

スープはベースのなめらか豚骨に、3種の味噌をブレンド。甘めの仕上がり。

麺は別注の平打ち中太ストレート。

豚バラロールチャーシュー2枚は柔らかジューシー。

タンメン野菜はキャベツ・モヤシ・ニンジン・キクラゲ。

青ネギと柚子皮の粉末がアクセント。

おろし生姜と刻み生姜のWジンジャーボールを溶かしながらいただく。

卓上アイテムのすり胡麻・黒胡椒・クラッシュニンニクを入れて。

後半はホットモヤシと辛子高菜で辛めにシフトチェンジ。

 

100円で薄皮餃子5個とおかわり自由のライス。

餃子は柚子胡椒で、ライスはスープを注いだりして満腹。

 

Aセット 110円

f:id:aratah:20200205141644j:plain

 

 

 

 

 

 

 

太陽のトマト麺 本所吾妻橋スカイツリー支店

絶品チーズバーグクリームトマト麺 968円 + らぁリゾセット 176円→90円

f:id:aratah:20200203132646j:plain

 

昨年12/9からスタートした冬季限定メニュー。

ラーメンにハンバーグをトッピングするという、一見冗談のような一品。

 

限定お得セットとして「らぁリゾ」か「ちびリゾ」がお得な価格なので、

セットでお願いする。

 

背の高いカウンター席に座ったので、厨房が丸見え。

フライパンでハンバーグを焼き、スープを注いで仕上げて登場。

 

スープは鶏白湯ベースに、デミグラスソースとトマトクリームソース。

麺は豆乳入り極細縮れ。

焼き目の香ばしいジューシーハンバーグ。

スライストマトの上に炙ったモッツァレラチーズ

緑鮮やかな豆苗と江戸菜。生クリームと粗挽き胡椒でアクセント。

卓上のタバスコでピリッとスパイシー。

 

「らぁリゾ」は「マンナンヒカリ」配合のヘルシーライスに、

フライドオニオンチップ。

スープに投入してサラッと〆る。

 

らぁリゾセット 176円→90円

f:id:aratah:20200203132701j:plain

 

 

 

 

 

 

 

味どころ 龍の羽

本日の濃厚(ストレート麺) 780円 + 龍鱗 130円→0円

f:id:aratah:20200131231321j:plain

 

昨年9月に福岡県から移転してきたお店。

福岡というと博多の豚骨ラーメンをイメージするが、

こちらのメインメニューは濃厚と淡麗の2種類。

店頭には「本日の濃厚 鶏」「本日の淡麗 豚」と表示され、

その他に創作の味噌ラーメンなどもある。

 

店内は厨房を囲むカウンター席。

入口の券売機で左上の濃厚をチョイス、Facebookの「いいね!」でトッピング無料。

実は前情報無しで訪問したので、トッピングの龍鱗(うろこ)が何かよくわからず。

麺はストレート麺・ちぢれ麺・細麺から選べるので、

オススメのストレート麺でお願いした。

 

店内はほぼ満席だったので、提供までに時間がかかって丼が登場。

カウンターの上に丼が置かれ、龍鱗入れるのでそのままと言われる。

手鍋で熱せられた龍鱗が、グラグラと音を立てて丼に注がれる。

 

スープは濃厚な鶏白湯。ねっとりと舌に絡みつく。

麺はパキッとアルデンテ風のストレート。

龍鱗はカリッと油で揚げた背脂と鶏軟骨。

しっとり柔らかな鶏ムネ肉と、ちょっぴり燻製風の鶏モモ肉ブロック。

メンマではなくタケノコの煮物・キクラゲ・ナルト・青ネギ・タマネギのみじん切り。

卓上には九州系らしく、おろしニンニクと紅生姜。スープに投入して味変化。

 

 

 

 

 

 

 

まっちゃんラーメン 一筋 葛飾立石本店

ブラックラーメン(普通) 850円 + チャーシュー飯 0円

f:id:aratah:20200130133336j:plain

 

2017年に訪問した「金と黒@堀切菖蒲園」が閉店して、

立石のカフェ「ココリエ」での間借り営業を経て、昨年9月にオープン。

 

店舗はせんべろで有名な「立石仲見世商店街」にある。

カウンター4席の非常に狭い店内のためか、向かい側の店舗に券売機と待合席がある。

前客なしだったので食券を購入して、そのまま店内へ。

 

食券を渡す際に辛さと、平日ランチタイム(11:30~15:00)サービスのチャーシュー飯を、

告げる。

辛さは6段階だが、普通で激辛というハイレベル。

一応警告されたが、普通でお願いした。

 

暫し待って丼が登場。

ベースのスープは魚粉が香る豚骨魚介だが、ベースからすでに激辛。

麺はコシの強い太縮れ。啜ると危険なのでワシワシといただく。

ブラック餡は味噌のようなコクの麻婆風。

豆腐・モヤシ・ニラ・ネギ・おろしニンニク。混ぜて食す。

 

チャーシュー飯は半量と思われるが、たっぷり。

サイコロ状の炙りチャーシューに、たっぷりの青ネギ。

甘めのタレで一時の清涼剤。

 

チャーシュー飯 0円

f:id:aratah:20200130133348j:plain

 

 

 

 

農心 辛ラーメンブラック 130g×20個
 

 

 

 

らあめん 花月嵐 お花茶屋店

戦国武将らあめん 前田利家 ~夫を支えた まつの一杯~ 780円

f:id:aratah:20200128132243j:plain

 

徳川家康」「伊達政宗」に続く戦国武将らあめんシリーズ第三弾。

残念ながら前二つは未食。

 

トレイに専用のシートで登場。

スープは前田利家が治めた金沢の「加賀味噌」二種類をベースに、

背脂を浮かべてこってり濃厚。

麺はスープに負けない太ウェーブ。

金沢の老舗「加賀麩 不室屋」の「車麩」と「おてまり麩」が彩り。

バラロールチャーシュー・モヤシ・長ネギ・青ネギ・ナルト・おろし生姜。

チャーシューの上に乗った生姜を溶かしながらいただく。

卓上の「壺ニラ」で辛味のアクセント。体の芯まで温まる。

 

 

 

 

 

 

 

札幌ラーメン どさん子 亀有南口店

鶏節醤油麺 850円

f:id:aratah:20200126212638j:plain

 

今月のイチ押し麺。

 

2020年1月の限定メニューは、昨年も1月に登場した鶏節を使った一杯。

 

スープは前回と異なり、あっさりとした鶏ガラベースの醤油。

合わせる鶏節は、モモ肉とムネ肉をじっくり三日間かけて仕上げている。

リンゴチップを使ったベーコンのような薫香が、スープにアクセントを加える。

麺はコシの強い中細縮れ。

チャーシューは大判のレア仕上げ肩ロースが3枚、トロトロのバラ煮豚が1枚。

歯応えの良いラディッシュスライス・白髪ネギ・長く切りそろえた青ネギ。

丼の底には鶏節が沈むので、最後まで完食。

 

 

 

 

地鶏の旨み 阿波尾鶏削り節 100g