拉麺帳面

ラーメン食べある記

つけ麺専門店 三田製麺所 ヨドバシAkiba店

濃厚魚介 味噌つけ麺(大) 930円→870円

f:id:aratah:20190318203908j:plain

 

1/21〜3/31まで実施されている、竹達彩奈とのコラボ応援メニュー。

店頭にはサイン入りトレイが飾られている。

 

大盛り無料サービス。アプリのクーポンで60円引き。

 

 麺はむっちり太ストレート。麺の上にはモヤシとキャベツ。

つけ汁は魚介の旨味に濃厚味噌、背脂の甘味。

碗の中にはチャーシューとメンマ、海苔と糸唐辛子が浮かぶ。

別添えのおろし生姜とおろしニンニクを加えて、パンチ力アップ。

〆はポットの割りスープでスープ割り。

 

 

 

 

 

 

 

シタマチ.ラーメンフェスティバル 第3部

いよいよ最終週。

 

以下雑感。

良点として、6店舗×3週間のサイズ感。

狭い会場だが、立ち食い席のみで回転も良かった。

難点としては、終了時間が早いのと入れ替え日に2日もいらないのでは。

手売りのワンデイチケットをやめて、自販機・電子マネー・コンビニチケット対応。

東京の店舗を減らすか、逆に東京オンリー週間があると面白いかも。

 

博多ラーメン 池めん@静岡県

博多濃厚豚骨チャーシュー麺 850円

f:id:aratah:20190316142958j:plain

 

静岡の博多ラーメン店。独自の進化と遂げたガラパゴス豚骨。

 

丼の半分ほどしか入っていない、超濃厚豚骨スープ。

パキパキと歯応えの良い極細ストレート麺。

ハーフカットの大判肩ロースチャーシューが4枚。

たっぷりのキクラゲと青ネギがアクセント。

 

まぐちゃんラーメン@山梨県

炙り肉盛り甲州丸大豆醤油ラーメン 850円

f:id:aratah:20190316153808j:plain

 

あっさり清湯醤油スープ。

もちっとした中太ストレート麺。

ドンと大きな炙り豚バラ肉・茹でモヤシ・青ネギ。

中央には黒胡麻とフライドオニオンのふりかけ。

 

ちなみに黒胡麻は、スープに広がるとビジュアルがイマイチ。

 

 

 

 

くさらない「イケメン」図鑑

くさらない「イケメン」図鑑

 

 

 

 

札幌ラーメン どさん子 亀有南口店

梅干豚骨麺 780円 + 替え玉 120円

f:id:aratah:20190316003255j:plain

 

今月のイチ押し麺。

 

昨年7月にもいただいた豚骨麺シリーズ。

 

豚骨100%の濃厚スープ。

九州小麦を使用した熊本麺は、パツッと歯応えの細ストレート。

炭火焼きの香ばしい豚バラチャーシュー。

水菜・ネギ・白胡麻・板状のトロロ昆布・中央に鎮座する梅干し。

途中から梅干しを溶かして酸味をプラス。

トロロ昆布を溶かすと濃厚なスープが更にトロトロに変化。

 

替え玉は別皿に青ネギと白胡麻を添えて登場。

スープに投入してサラッと完食。

 

替え玉 120円

f:id:aratah:20190316004052j:plain

 

 

 

 

 

 

 

金澤濃厚豚骨ラーメン 神仙 品達品川店

金沢爆濃カレー麺 930円 + だし薫る半熟旨玉 120円→0円 + 白ごはん(大) 120円

f:id:aratah:20190312201735j:plain

 

Yahoo! JAPANとマルちゃんのコラボ企画、

「第8回 最強の次世代ラーメン決定戦 ガツ盛り部門」優勝商品。

本店のある金沢のご当地メニュー、金沢カレーをアレンジした一杯。

 

2017年7月に品達「初代けいすけ」跡地にオープン。

大つけ麺博では何度か食しているが、店舗は初。

 

LINEのハズレくじで味玉無料。

 

一見するとまぜそば風だが、下には豚骨スープ。

カレーに負けない強いコシの太縮れ麺。

濃厚カレーに粗挽き胡椒を振りかけたバラチャーシュー2枚、

茹でモヤシ・千切りキャベツ・おろしニンニクがトッピング。

味玉は出汁の旨味が染みている。

しっかり混ぜ合わせていただく。

辛味は控えめなので、卓上の粗挽き胡椒と一味でアクセント。

 

途中で我慢できなくなりライスを追加。小中大同一料金。

残ったスープに投入して完食。

 

だし薫る半熟旨玉 120円→0円

f:id:aratah:20190312201742j:plain

白ごはん(大) 120円

f:id:aratah:20190312202433j:plain

 

 

 

 

大江戸神仙伝 (講談社文庫)

大江戸神仙伝 (講談社文庫)

 

 

 

 

ラーメン・居酒屋 元祖札幌や 大崎店

濃厚白味噌ラーメン 760円

f:id:aratah:20190311132355j:plain

 

大崎ニューシティにある、札幌ラーメンのFC店。

食品サンプルがディスプレイされた、店舗の年季の入り方から見て、

1987年のビル開業当初からあるのかもしれない。

 

店内はほぼ満席で、6人掛けの相席テーブルに案内される。

トップメニューを注文。通常ラーメンが580円なので、かなり上目の設定。

 

程なくして丼が到着。

スープは白味噌ベースとはいえ、かなり白い。

滑らかな口当たりで、豚骨・昆布の旨味と味噌の風味が香る。

麺はかん水の効いた太縮れ。所々麺がくっついていて、丁寧な仕事とは言えない。

厚切りバラチャーシュー2枚・1/2茹で玉子・メンマ・茹で野菜・肉味噌。

茹で野菜はモヤシ・タマネギ・ニンジン・青梗菜。

肉味噌は甘辛くスープにアクセント。

 

 

 

 

 

 

 

シタマチ.ラーメンフェスティバル 第2部

3/5・3/6と入れ替え日で、第2部は3/7からスタート。

 

この日は天気も良く。各店舗には行列も出来ていた。

 

 

麺バル プライド@富山県

俺の富山ブラック 850円

f:id:aratah:20190309143650j:plain

 

言わずとしれた富山のご当地ラーメン。

 

こちらのお店は「PRIDE」にも出場した、元格闘家の小路晃氏が手掛けるお店。

 

一口目は醤油をダイレクトに感じるが、次第に甘味が浮かび上がってくる黒スープ。

パツッと歯応えの良い中細ストレート麺。

大判ロースチャーシュー・メンマ・青ネギ、

揚げ玉は始めカリッと、徐々にスープを吸収してトロっとコクを与える。

粗挽き胡椒がたっぷりとアクセント。

 

 

麺匠 佐蔵@長野県

佐蔵味噌らぅめん 850円

f:id:aratah:20190309150956j:plain

 

信州味噌の元祖と言われる安養寺味噌を使用した、長野のお店。

 

スープは濃厚な豚骨ベースに芳醇な味噌の香り。

麺はプリッと中太縮れ。

ホロリと崩れるバラチャーシュー・大きく柔らかな穂先メンマ・青ネギ。

挽肉は豆板醤と苦椒醤(コチュジャン)で炒めたピリ辛そぼろ。

徐々にスープに広がり味変化を楽しめる。

 

 

 

 

 

 

 

博多屋台ラーメン 一幸舎 キッテグランシェ店

ラーメン 780円 + チャーシューおにぎり 100円

f:id:aratah:20190307205056j:plain

 

KITTE丸の内地下一階「キッテグランシェ」に3/5オープンした、

「ラーメン激戦区 東京・丸の内」の店舗。

他には「福味」「松戸富田麺絆」「ど・みそ」「阿吽」。

「福味」は「せたが屋」系なので、こちら以外は東京・千葉からの出店。

 

各店舗の店内が繋がっているのだが、フードコート的に行き来ができる訳ではなく、

構造上の都合だろう。

 

始めに食券を買って列に並ぶ。食券を渡す際にバリカタでお願いした。

すぐに入店できたが、提供までに若干時間がかかった。

 

店内にポスターもあるのだが、「博多 一幸舎」は濃厚泡系、

「博多屋台ラーメン 一幸舎」はあっさり屋台系となっている。

 

ということで、スープは博多屋台のあっさり豚骨。

麺はお馴染み博多系極細ストレート。

柔らかジューシーなチャーシュー・極太穂先メンマ、

おにぎりにも使われている細長海苔・青ネギがトッピング。

卓上には胡椒・すり胡麻・紅生姜。

辛子高菜は別料金で、ラーメン専用辛味油がアクセントに。

 

おにぎりは、サイコロ切りチャーシューとメンマがゴロゴロ。

そのままでも良し、残ったスープに投入しても良し。

 

チャーシューおにぎり 100円

f:id:aratah:20190307204942j:plain

 

 

 

 

 

 

 

太陽のトマト麺 上野広小路支店

ジューシーチキンと彩り野菜の味噌トマ 980円

f:id:aratah:20190305212012j:plain

 

冬季限定メニュー。

 

北海道産麹味噌・長崎県産麦味噌のブレンド味噌をベースに、

トマトの旨味と豆板醤の辛味を加えた濃厚スープ。

いつもの極細縮れ麺。

焼き目が香ばしいジューシーチキン。

青梗菜・ナス・レンコン・コーンは芯ごと切り取った2列。

白ネギ・青ネギ・揚ネギの薬味がトッピング。

卓上のミル挽き胡椒・タバスコでアレンジ。

オリジナル辛味調味料の「辣王」は入れ過ぎ注意。

 

 

 

 

カゴメ トマみそ 485g

カゴメ トマみそ 485g

 

 

 

 

シタマチ.ラーメンフェスティバル 第1部

御徒町駅前の「おかちまちパンダ広場」で、

2/28~3/18に、初めて開催されるラーメンフェスティバル。

週替りで6店舗、全18店舗が出店する。

 

会場はそれほど広くなく、両サイドにプレハブの店舗と、

中央に屋根のある立ち食いテーブル。

チケットは手売りで、当日しか使えない。

 

生憎の雨で行列少なめ、各店舗雨対策に苦労していた。

 

 

麺匠 うえ田@静岡県

高級タカアシガニ出汁 極上の塩らぁ麺 ~黒トリュフ添え~ 850円

f:id:aratah:20190303135308j:plain

 

先ずはあっさりめのこちら。

 

高級タカアシガニを使用したスープは、清湯ながら濃厚な蟹出汁の風味。

麺は加水率が低く、パツッとした歯応えの中太ストレート。

青ネギ・大判のレアチャーシューの上にトリュフのペースト。

少しずつ溶かしながらいただく。

 

 

らーめん セアブラノ神@京都府

炙り中落ちカルビ 背脂醤油そば 850円

f:id:aratah:20190303143035j:plain

 

こちらは濃厚な一杯。

 

あっさりめの醤油スープにたっぷりの背脂。

低加水率細ストレート麺と、ベースは京都ラーメン。

炙りたて中落ちカルビがゴロゴロとトッピング。噛むと肉汁がジュワっと。

たっぷりの粗挽き黒胡椒がスパイシー。

青ネギがシャキシャキとアクセント。

 

 

 

 

食玩 チョコQ 日本の動物 第6弾 155 タカアシガニ

食玩 チョコQ 日本の動物 第6弾 155 タカアシガニ

 

 

 

 

COMPHO with TERRACE 大崎シンクパーク店

COMPHO SET[パクチー混ぜ麺] 1080円

f:id:aratah:20190301132355j:plain

 

都内を中心に展開するベトナム料理店。

ランチタイムは数種類のフォーとグリーンカレーを提供する。

 

前から気になっていたメニューをチョイス。

単品とセットがあるが、生春巻き・杏仁豆腐・ドリンク付きのセットを注文。

ドリンクはマンゴージュースでお願いした。

 

トレイに乗って、丼とサイドメニューが登場。ドリンクはプラカップ

 

ガパオのような炒めた挽肉とモヤシ、周りを囲む鮮やかなパクチー

中央にはたっぷりのフライドオニオン。

フォーは日本米を使用した、中太平打ちストレート。ツルモチの茹で加減。

底に沈んだタレと、しっかり混ぜ合わせていただく。

卓上のモヤパク(モヤシ&パクチー)と揚げ玉を加えて、シャキサクの食感を楽しむ。

味変アイテムはナンプラー・チリソース・レモン汁・ミル挽き胡椒。

 

生春巻きはしっかり海老も入っていて、少し酸味のあるスイートチリソースが合う。

杏仁豆腐とマンゴージュースでさっぱり口直し。

 

 

 

 

ケンミン 業務用フォー お米の平麺 1kg

ケンミン 業務用フォー お米の平麺 1kg