拉麺帳面

ラーメン食べある記

COMPHO with TERRACE 大崎シンクパーク店

COMPHO SET[パクチー混ぜ麺] 1080円

f:id:aratah:20190301132355j:plain

 

都内を中心に展開するベトナム料理店。

ランチタイムは数種類のフォーとグリーンカレーを提供する。

 

前から気になっていたメニューをチョイス。

単品とセットがあるが、生春巻き・杏仁豆腐・ドリンク付きのセットを注文。

ドリンクはマンゴージュースでお願いした。

 

トレイに乗って、丼とサイドメニューが登場。ドリンクはプラカップ

 

ガパオのような炒めた挽肉とモヤシ、周りを囲む鮮やかなパクチー

中央にはたっぷりのフライドオニオン。

フォーは日本米を使用した、中太平打ちストレート。ツルモチの茹で加減。

底に沈んだタレと、しっかり混ぜ合わせていただく。

卓上のモヤパク(モヤシ&パクチー)と揚げ玉を加えて、シャキサクの食感を楽しむ。

味変アイテムはナンプラー・チリソース・レモン汁・ミル挽き胡椒。

 

生春巻きはしっかり海老も入っていて、少し酸味のあるスイートチリソースが合う。

杏仁豆腐とマンゴージュースでさっぱり口直し。

 

 

 

 

ケンミン 業務用フォー お米の平麺 1kg

ケンミン 業務用フォー お米の平麺 1kg

 

 

 

 

札幌ラーメン どさん子 亀有南口店

五目旨煮塩そば 780円

f:id:aratah:20190223220357j:plain

 

今月のイチ押し麺。

今回は割とストレートな中華メニュー。

 

スープは鶏ガラ・モミジを使用した、濃厚な鶏白湯ベース。

麺はプリっとコシの強い丸太縮れ。

キャベツ・モヤシ・ニンジン・キクラゲ・椎茸・豚肉・カマボコ・うずらの玉子等々、

五目では済まない豊富なトッピング。

たっぷりの炒め野菜との組み合わせは、ちゃんぽんもしくは濃厚系タンメンの様。

卓上の胡椒・辣油・酢などでアレンジ。

 

 

 

 

モバイル五目並べ

モバイル五目並べ

 

 

 

 

炙り味噌らーめん 麺匠 真武咲弥 渋谷店

特製辛味噌 1150円

f:id:aratah:20190220213153j:plain

 

カンボジアの未来を創る」を掲げたサムライヌードル株式会社。

昨年のハロウィンで自販機を壊され、話題になったお店。

 

縁があって2階を貸し切って、宴会をさせていただいた。

 

枝豆・餃子・モヤシ炒め・名物の戦国唐揚げ等をたっぷり食べた後、

〆のラーメンを一人一人前いただいた。

 

ベジタリアン・ビーガン・ノンポークなども揃えてあるが、

ノーマル辛味噌の、せっかくなので特製を注文。

 

スープは炙り味噌が香ばしく、じんわりと辛い。

麺は北海道から空輸した、多加水中太縮れ。

ゴロッと大きな塊の鶏チャーシューが2個。柔らかジューシー。

極太メンマ・半熟味玉・海苔5枚・たっぷりの青ネギが乗る。

卓上には胡椒の他に四川山椒やガラムマサラがあるので、エスニカンに味変化。

もちろん完食。

 

 

 

 

【第2類医薬品】真武湯 210錠

【第2類医薬品】真武湯 210錠

 

 

 

 

博多 一風堂 上野広小路店

味噌赤丸 860円 + バターコーン 100円 + 半熟塩玉子 100円→0円

f:id:aratah:20190219203417j:plain

 

11/20~2/28まで提供の冬季限定メニュー。

 

毎年登場しているのでスルーしようと思ったが、

マイナーチェンジしているようなのでギリギリ訪問。

 

以前いただいたアイスの当たり棒で味玉無料。

 

丼が到着。バターコーンは忘れられていたようで、別皿で提供。

スープはシルキーな豚骨ベースに、濃厚なブレンド味噌と背脂のコク。

モチモチ食感の中太縮れ麺。

バラとロースの2種類チャーシュー・キャベツとモヤシの茹で野菜・青ネギ。

赤丸タレを溶かしながらいただく。

 

以下の2点がマイナーチェンジ。

挽肉にガラムマサラとクミンを加えたスパイシーミンチ。

マー油のように見えるものは、生チョコ香油。

辛味と甘味がアクセント。

 

塩玉子は硬めの半熟。バターコーンを後から乗せてコクと甘味をプラス。

卓上のミル挽き胡椒・クラッシュニンニク・ホットモヤシ・紅生姜・辛子高菜で、

カスタマイズ。

 

バターコーン 100円

f:id:aratah:20190219203636j:plain

 

 

 

 

 

 

rakuten:yatsugatakesobakoubou:10000044:detail

 

The Outsiders

醤油(M) 750円

f:id:aratah:20190218132121j:plain

 

二郎系でも評判の良い「凛」の独立店。

 

非常に狭い間口に、開けても半身でしか入れない扉。

店内は薄暗く、ジャジーなBGMが鳴り響く。

 

券売機は張り出されたメニュー番号を確認して、入力するスタイル。

同じ券売機は「がんま@東小金井」にあったかな。

食券を渡してニンニク有りでお願いする。

 

それほど待たずに黒い丼が登場。レンゲの無いストロングスタイル。

丼を持ち上げてスープを啜ると、醤油ダレの塩気と甘味がダイレクトに感じる。

麺はオーションの極太縮れ。ゴワッとした表面に背脂が絡んでスルスルと喉に通る。

たっぷりの茹でモヤシとキャベツ。豚バラチャーシューはトロトロで箸で崩れ去る。

卓上の粗挽き胡椒と一味でピリッとアクセント。

 

 

東京都品川区大崎 1-20-16

 

 

アウトサイダー [Blu-ray]

アウトサイダー [Blu-ray]

 

 

 

 

長崎ちゃんぽん リンガーハット 葛飾新宿店

彩りスープの長崎ちゃんぽん(とまと・2玉) 745円 + ぎょうざ5個 259円→0円

f:id:aratah:20190216150812j:plain

 

2016年6月にリニューアルオープン。

 

2階が「濵かつ」。1階の「リンガーハット」は全席にタッチパネルを設置して、

スープ・トッピング具材などが選べる「myちゃんぽん」が用意されている。

 

彩りスープは「とまと・カボチャ・にんじん・ほうれん草・紫いも」の、

5種類からチョイス。

 

注文はトマトと無料の麺2玉、餃子はZeetleのクーポンで無料。

 

オープンキッチンから野菜の炒める音が聞こえて、八角形の丼がトレイに乗って登場。

 

スープは豚骨ベースにほんのりトマト風味。メニュー写真ほど赤くはなかった。

もちもち太縮れのちゃんぽん麺。

炒めた野菜と海鮮がたっぷりトッピング。

添えられた柚子胡椒と辣油を少し加えて辛味アレンジ。

 

餃子は薄皮パリパリ。タレに酢と辣油を加えて、こちらも柚子胡椒でアクセント。

 

f:id:aratah:20190216151145j:plain

 

 

 

 

 

 

 

幸楽苑 平河町店

チョコレートらーめん 561円

f:id:aratah:20190213202725j:plain

 

バレンタイン限定メニュー。

ラーメンにチョコレートを使ったメニューは各店で見かけるが、

全国で展開しているFC店で登場するのは珍しい。

 

店内の1階は満席で、2階のカウンター席に通される。

お冷はセルフサービス。

 

程なくして丼が到着。見た目は味噌ラーメン?

スープを一口啜ると、鶏ガラ醤油ベースにカカオの香り。

麺は加水率の高い中太縮れ。若干柔らかめの茹で加減。

豚バラチャーシュー2枚・メンマ・ナルト・ネギ・おろし生姜に、板チョコが1欠片。

板チョコが徐々に溶け出して、スープに甘味が広がる。

おろし生姜を溶かして、卓上の白胡椒を多めに振ると、

スパイシーさがチョコレートにマッチ。

 

小皿にはおまけのチロルチョコ

 

 

 

 

お水がいらない 味噌野菜ラーメン幸楽苑

お水がいらない 味噌野菜ラーメン幸楽苑

 

 

 

 

麺屋武蔵 浜松町店

味噌ら~麺(大) 950円

f:id:aratah:20190212200504j:plain

 

2016年オープン。「麺屋武蔵」のシングルブランド店。

 

バレンタイン限定メニューを狙いに行ったが、一日20食ということで、

残念ながら品切れ。

 

券売機が液晶パネルで、スープごとに別れているので、

若干迷ってしまったが、久しぶりに武蔵系の味噌をいただく。

 

スープは魚介豚骨ベースに、酸味を感じる濃厚な味噌。背脂が浮かぶ。

麺は大盛り無料。プリッとした食感の太縮れ。

柔らかな肩ロースチャーシュー2枚・メンマ・ネギが乗る。

卓上のミル挽き胡椒と、武蔵醤と書かれた具入り辣油でアクセント。

 

 

東京都港区浜松町1-29-6 浜松町セントラルビル1階

 

 

 

 

 

らあめん花月嵐 お花茶屋店

嵐げんこつらあめん BLACK×BLACK 780円 + トッピングチーズ 100円→0円

f:id:aratah:20190208224512j:plain

 

1/29放送の「有吉弘行のダレトク!?」の没メニューレストランで紹介された一品。

アプリのクーポンで粉チーズをトッピング。

 

スープは基本のげんこつらあめんと同じ、背脂浮かぶ豚骨醤油。

麺は竹炭を練り込んだブラックな中細ストレート。

表面を覆う黒い粉は、黒胡椒と黒胡麻ブレンド。辛さよりも見た目のインパクト。

バラロールチャーシュー・メンマ・1/2味玉・海苔6枚がトッピング。

途中で別皿の粉チーズを振りかけて、マイルドに味変化。

逆に卓上の激辛壷ニラモヤシと、クラッシュニンニクでワイルドに変化させて、

いただく。

 

 

 

 

Black×Black (GUSH COMICS)

Black×Black (GUSH COMICS)

 

 

 

 

博多 一風堂 Marunouchi

一風堂 ラガーメン 850円 + 替玉 130円→0円

f:id:aratah:20190204203901j:plain

 

ラグビーカジュアルブランド「FRONT ROW RUGBY」とのコラボメニュー。

 

昨年、浜松町スタンドで販売されたものだが、

今回は、三菱地所株式会社の企画するラグビーイベント

「丸の内15丁目PROJECT」の、「ラガー麺 MARUNOUCHI CUP 2019冬」に参画。

1/17~2/17まで大手町・丸の内・有楽町エリアの各店でも、

ラガー麺メニューが提供される。

 

オープンな入り口から中に入ると、厨房を囲むカウンター席。

奥にはテーブル席があり、飲んでつまんで楽しめるようだ。

 

背の高いカウンター席に座り暫し待つと、丼が到着。

スープは家系のような豚骨醤油。

麺はツルッと中太ストレート。

ワイルドな厚切りチャーシュー・1/2半熟塩玉子・青ネギ・タマネギのみじん切り、

海苔3枚は家系オマージュか。

卓上のホットモヤシ・辛子高菜・紅生姜をつまみながら、

すり胡麻・黒胡椒でアクセント。

スープの底に沈んだ赤い味噌にニンニクが効いていたので、

クラッシュニンニクは無しで。

 

1日~7日まで使えるクーポンで替玉無料。

替玉は通常の極細麺になるが、パキッとした食感も面白い。

 

替玉 130円→0円

f:id:aratah:20190204204419j:plain

 

 

 

 

勇気と献身――ラガーメン あくなき挑戦

勇気と献身――ラガーメン あくなき挑戦