拉麺帳面

ラーメン食べある記

らあめん 花月嵐 お花茶屋店

嵐げんこつらあめん EPISODE1〜背脂の覚醒〜 790円 + とろ〜り半熟味玉 120円→0円

f:id:aratah:20201001205737j:plain

 

9/2からスタートした期間限定メニュー。

 

ラーメン専門店の元祖的存在「ホープ軒本舗」。

そこから派生した店が、1970年代の背脂ラーメンブームを巻き起こした。

このEPISODE1は、当時の貸し屋台の味を再現している。

 

スープはあっさりめの豚骨醤油に、たっぷりの背脂でコクと甘味をプラス。

麺はパキッと硬めの中細ストレート。

大判バラロールチャーシュー1枚・シャキシャキの茹でモヤシ・海苔1枚・刻みネギ。

黒胡椒のアクセント。

後半は卓上の激辛壺ニラを投入して、味変化を楽しむ。

 

とろ〜り半熟味玉 120円→0円

f:id:aratah:20201001205748j:plain

 

 

 

 

 

 

 

札幌ラーメン どさん子 亀有南口店

背脂煮干醤油麺(大油) 870円

f:id:aratah:20200930185609j:plain

 

今月のイチ押し麺。

 

実は前日訪問したのだが売り切れで、本日ギリギリでリベンジ。

 

背脂の量が選べて、大油140g・中油70g・小油30g。もちろん大油でお願いした。

店内は注文が飛び交っていたので、少し時間がかかって丼が登場。

チャーシューを1枚サービスして頂いた。

 

背脂と煮干しの組み合わせは、燕三条系インスパイアの亀有三丁目系。

ベースはあっさりめの鶏と魚介のWスープ。鶏ガラとほんのり煮干しの風味。

2種類の醤油と本味醂で甘めのカエシに、焼いた鶏モモ肉の出汁で香ばしさを追加。

麺はきしめんのような極太平打ち縮れ。チュルチュルの喉越しでスープに絡む。

背脂はトロトロではなく、プチプチと粒が残る食感で甘味が広がる。

塩麹のチャーシューはレア仕上げで柔らかジューシー。

煮豚チャーシューは赤身と脂身の旨味がバランス良く。

メンマ・青ネギ・タマネギのみじん切り・海苔1枚がトッピング。

 

 

 

 

 

 

 

博多 一風堂 上野広小路店

とんこつまぜそばセット(温泉玉子 + 白ごはん付) 979円 + 博多ひとくち餃子(ハーフ) 242円→0円

f:id:aratah:20200926151107j:plain

 

9/11スタートの秋季限定メニュー。

元々は「セブン-イレブン」限定のコラボカップ麺だったものを、実店舗で再現。

 

100円プラスで、温泉玉子と白ごはんの付いたセットを注文。

アプリのクーポンで、ハーフサイズのひとくち餃子をお願いする。

 

先ず温玉とライスが到着、丼が続く。

トッピングはバルサミコ酢を絡めたダイスカットチャーシュー・キクラゲ、

フライドオニオンフレーク・辛もやし・みじん切りのタマネギ・青ネギ、

ピンクペッパー・赤丸新味の辛味噌

極細ストレート麺に、豚骨背脂のタレを絡めていただく。

バルサミコ酢の酸味と、ピンクペッパーの刺激がアクセント。

香油のガーリック・オニオンチップ・数種類のスパイスを混ぜ合わせた、

特製かさねふりかけを後乗せで香ばしく、温玉は途中から投入してマイルドに味変化。

卓上の擦り胡麻・黒胡椒・ホットもやし・辛子高菜・紅生姜。

クラッシュニンニクは卓上にないので、お願いすると登場。

 

ちょっと味が濃いめなので、具材を多めに残してライスを投入。

しっかり混ぜ合わせて食す。

 

餃子はパリッとジューシー、柚子胡椒と餃子ダレで。

 

特製ふりかけ

f:id:aratah:20200926151749j:plain

温泉玉子 + 白ごはん

f:id:aratah:20200926150949j:plain

博多ひとくち餃子(ハーフ) 242円→0円

f:id:aratah:20200926151205j:plain

 

 

 

 

 

 

 

本格中華料理 海輝

鶏肉入りの塩ラーメン 780円

f:id:aratah:20200924131152j:plain

 

駅前に古くからある町中華ではない中華料理店。大陸系ともちょっと違う。

 

夜飲みには使っていたが、ランチタイムは初めて。

定食3種・麺2種あるランチメニューの麺セットを注文。

 

暫し待ってトレイが到着。

セットは麺・茶碗に入った半炒飯・ザーサイ・杏仁豆腐・アイスコーヒー、

焼き立ての餃子は後から提供。

 

あっさりとした魚介風味の塩スープ。

オーソドックスな中太縮れ麺。

柔らかジューシーなモモ肉の蒸し鶏・青菜・笹切りネギがたっぷりとトッピング。

卓上の黒胡椒でアクセント。

途中から付け合せの細切りザーサイを投入して、ピリ辛でコリっとした食感をプラス。

 

炒飯は残念ながら作り置きでしっとり。玉子とチャーシューのシンプル味付け。

餃子は羽根付きで、羽根はパリッと皮はモチっと餡はジューシーな仕上がり。

甘い杏仁豆腐と微糖のアイスコーヒーで食後の口直し。

 

餃子

f:id:aratah:20200924131414j:plain

 

 

 

 

日清食品 ラーメン屋さん 函館しお 5食パック 435g×6袋

日清食品 ラーメン屋さん 函館しお 5食パック 435g×6袋

  • 発売日: 2019/06/03
  • メディア: 食品&飲料
 

 

 

 

えび豚骨ラーメン 真面目 押上店

えび豚骨塩拉麺 790円

f:id:aratah:20200923114301j:plain

 

6/19オープン。1号店は北浦和にある。

経営母体は「春樹」と同じとのことだが、WEBサイトには記載なし。

 

券売機は無くオーダー制。空いていたのでテーブル席に着き、いち押しを注文。

 

ライスはセルフサービスで終日食べ放題。

先にご飯を大型ジャーからよそって、キュウリの漬物を添えておく。

 

暫し待って、真面目と書かれた丼が到着。

スープはこってりながらあっさりとした口当たりの豚骨に、スッキリ塩ダレ。

麺は加水率低めの中細ストレート。ちょっと柔らかめだったので硬め指定がよいかも。

炙りバラロールチャーシュー2枚・1/2半熟味玉・粗みじんネギ・海老油。

海老油は半固形で辛味は無く、溶け出した海老の風味が表面を覆う。

卓上のタマネギのみじん切りと、おろしニンニクでアクセント。

豆板醤は何故かライスの所にあるので、茶碗の縁に乗せてスープに投入。

 

麺食後はライスにスープを注いで〆る。

 

ライス

f:id:aratah:20200923114310j:plain

 

 

 

 

 

 

 

みそ味専門 マタドール

冷やしパクチーつけ麺 900円

f:id:aratah:20200918132712j:plain

 

牛骨ラーメンで有名な「マタドール@北千住」のセカンドブランド。

駅の反対側にあるこちらは、味噌味専門。

 

しかし、限定メニューの冷やしは味噌味ではなくパクチー

店長がパクチー好きということで、本格的なパクチーつけ麺。

 

店内は奥が半地下になった、バーのようなお洒落な造り。

食券を購入して、背の高いカウンター席に座り暫し待つ。

 

黄色が鮮やかな器で登場。丼からはみ出すレモングラスインパクト。

麺は中細縮れ。冷たい鶏スープにレモングラスティーを合わせたものに浸かっている。

冷たいつけ汁は煮干しとナンプラーベースに、バイマックルーの葉っぱかな、

パクチーの茎・ミョウガ・白ネギ・青ネギのみじん切りが浮かぶ。

麺の上には低温調理の柔らかな鶏ムネ肉・たっぷりのパクチー・紫タマネギスライス。

爽やかな麺とパクチーの苦味がマッチング。

麺食後は丼のスープをつけ汁に注いで、スープ割りを楽しむ。

 

 

 

 

 

 

 

SOBA HOUSE 金色不如帰

真鯛と蛤の塩そば 950円

f:id:aratah:20200915184812j:plain

 

ミシュランガイド東京2019」で一つ星を獲得したお店。

 

行列を覚悟して夜営業開始の20分前に到着したが、7人程の待ち人数。

定時にオープン。入口の券売機左上をチョイスして、カウンター席に着席できた。

一席ごとに衝立と冷水ポットがあり、ちょっとした味集中カウンター。

 

20分ほど待って、丼が菱形の受け皿でカウンター上に登場。

スープは金色の清湯。真鯛と蛤の濃厚な魚介出汁、表面のトリュフオイルが香る。

春よ恋などの北海道産小麦を使用した、自家製の全粒粉入り中細ストレート麺。

チャーシューはSPF豚の肩ロースと、一口サイズのイベリコ豚。

大きな穂先メンマ、白髪ネギの上に国産黒豚パンチェッタベーコンビッツ。

甘酸っぱいインカベリーソース・香り高いのポルチーニデュクセル、

ほんのり苦味の春菊のみじん切り。啜る場所で味の変化を楽しめる。

卓上の黒胡椒や一味唐辛子は使わずに、そのままの味を楽しむのも良い。

 

 

 

 

 

 

 

ラーメン 燈郎

汁なし油そば(並盛り) 900円

f:id:aratah:20200914135727j:plain

 

8年ぶりの訪問。

 

店頭には4人程の待ち行列

順番に食券を購入して、渡す際にニンニクと野菜増しをお願いした。

 

暫し外のベンチで待って、入店着席と同時に丼が登場。

 

二郎系にしてはおとなしめのバラチャーシュー1枚・山盛りの茹でモヤシとキャベツ、

揚げ玉・おろしニンニク・青ネギのトッピング。別皿で温泉卵。

下にはタレの絡んだ、やや平打ちの太ゆるウェーブ麺。

チャーシューはとろっと柔らか、生ニンニクは辛味強め。

野菜は無味だが、1/3ほど食べ進めてからしっかりと混ぜ合わせる。

卓上の黒胡椒と一味唐辛子でアクセント。

後半は温玉を投入。辣油と酢を回し入れて少し乳化させていただく。

 

 

 

 

 

 

 

JOMA

和風玉子めん 750円

f:id:aratah:20200912132551j:plain

 

9年ぶりの訪問。

夜は飲み客、昼は家族連れで賑わっている。

 

2009年のオープン当初は350円の低価格ラーメンがウリだったが、

今は醤油・塩・味噌・和風のラーメンと、つけ麺がラインナップ。

 

未食の和風らーめんを味玉入りで注文。

暫し待って丼が登場。

 

スープは濃厚豚骨魚介。表面が油層になり、甘めのカエシ。

麺はプリプリの太縮れ。

バラロールチャーシュー・メンマ・海苔1枚・ネギ・味玉。

チャーシューは炙りが入ってカリッと香ばしく。

味玉は珍しく固茹で。おでんのようにしっかり味が染みていて、黄身を崩して溶かす。

卓上の黒胡椒・七味唐辛子・豆板醤・おろしニンニクでアクセント。

 

 

東京都葛飾区青戸5-4-6 上條マンション1F

 

 

 

 

 

博多 一風堂 上野広小路店

博多細つけ麺~玄米黒酢仕立て~ 869円 + 博多ひとくち餃子(ハーフ) 242円→0円

f:id:aratah:20200908145024j:plain

 

8/11から始まった夏季限定メニュー。

一風堂のつけ麺は夏の定番メニューで、これまで何度か食している。

 

アプリのクーポンで餃子を追加。

注文して暫し待つ。

 

麺丼とつけ汁碗、味変の小皿が到着。

極細ストレート麺をキリッと冷水で締めた後、九州産玄米黒酢と昆布出汁で風味付け。

つけ汁は濃厚豚骨に、鰹・鯖・鰯の魚粉。

サイコロチャーシューが沈み・青ネギが浮かぶ。

大きなレンゲの上には天かす。途中から味と触感を変化させるアイテム。

小皿には辛みペーストと玄米黒酢。麺につけて少しづつ味変化を楽しむ。

最終的には卓上のホットもやし・辛子高菜・紅生姜を投入。

麺食後はスープ割りをお願いすると、ポットに入った昆布出汁がいただけるので〆る。

 

博多ひとくち餃子(ハーフ) 242円→0円

f:id:aratah:20200908145122j:plain