読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拉麺帳面

ラーメン食べある記

マレーシア料理 チキンダイニング ちりばり

つけ麺式ラクサ 700円 + 自家製から揚げ 40円 + パクチー 50円

f:id:aratah:20170311132901j:plain

 

五反田TOCビルのほど近く。

ランチで本格的なマレーシア料理が、ワンコインでいただけるお店。

店内はほぼ満席、外で待たせていただいてから入店。

 

飯ものはマレーシアチキンライスとカレー、

麺ものは「バンミー」という汁麺と「ラクサ」のつけ麺。

ちなみに、土曜日はランチタイムでもディナーメニューを注文できる。

 

追加トッピングで唐揚げ1個とパクチーをお願いした。

 

マレーシア製のカラフルなプラ食器で登場。

やや平打ちの中細縮れのたまご麺。

スープはココナッツミルクと海老出汁をベースに、スパイシーな味付け。

別添えのサンバルを加えると辛みが増す。

濃い目の醬油味の1/2味玉はやや半熟仕上げ。

蒸し鶏・千切りキュウリ・茹でモヤシは卓上ポットでおかわり自由。

麺の上にむき小海老と追加のパクチー

唐揚げは別皿で、揚げたてサクサクジューシー。

 

大きな太い箸は若干掴み難かったので、フォークとレンゲでつけ汁に投入。

卓上の「ちりばり」と書かれた青唐辛子の醤油漬けは少量でもホット。

付け合わせのチキンスープでスープ割りしようと思ったが、

モヤシを多めに追加して、モヤシ割りで完食。

 

 

 

 

 

 

マレーシア32

マレーシア32

 

麺屋 KABOちゃん

しもふり中華そば 750円 + 味玉 100円

f:id:aratah:20170309200631j:plain

 

2013年オープン。店主がラーメンフリークということで話題のお店。

日本一長い?と言われている「霜降座商店街」の入り口にある。

 

古い商店を改装した店構えは趣がある。

券売機は無く、前金制。基本のメニューに味玉をトッピング。

メニュー名の「しもふり」は商店街の名前から。

 

もう一つのウリのかき氷も注文する人が多く、店主が一人で切り盛りしている。

 

暫し待って丼が到着。

キリッと醤油の引き締まった、鶏と魚介の清湯Wスープ。

パスっと歯応えの良い、中細ストレート麺。

豚チャーシューは焼き目の入った本格派。厚切りでも柔らか、脂の旨味。

鶏チャーシューは低温仕上げのしっとりタイプ。こちらも柔らか。

たっぷりのメンマとスープに溶ける海苔2枚、白ネギと青ネギが乗る。

卓上アイテムはミル挽き胡椒のみ。パパッと味変してスバッと汁まで啜る。

 

 

 

 

 

 

Got Right (feat. Y-O)

Got Right (feat. Y-O)

  • Kabò
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥200

 

らーめん 十味や

 白味噌らーめん(大盛) 730円

f:id:aratah:20170308121145j:plain

 

職場に一番近いこちらに訪問。

 

券売機左上の基本メニューを購入。

大盛りも同じ値段だったので、食券を渡す際に変更してもらった。

 

カウンター奥に座ると、目の前には油跳ね除けのガラス戸。

そのガラス戸を開け丼が登場。

丼は中央が凹んだ、トレイというよりは丸板の上に乗っている。

 

スープは甘みのある白味噌ブレンドにマー油の香ばしさ。

麺は中太縮れ、柔らかめの茹で加減。

チャーシューは薄切りながら、炙りバラ肉。

メンマは辣油で味付け、海苔1枚・茹でモヤシ・水菜・ネギがトッピング。

卓上には七味ならぬ「十味」と書かれたブレンド唐辛子。店名の由来か。

ニンニクと白胡椒でカスタマイズ。

 

入店時にもらった、トッピングサービス券はコピー可能な4枚綴り。

 

 

東京都新宿区西新宿1丁目19-2 第1セイコービル1F

 

 

 

 

to me

to me

 

桂花ラーメン 新宿西口店

太肉麺 980円

f:id:aratah:20170306123003j:plain

 

創業昭和30年の老舗。

新宿は東口に3店舗あり、西口のこちらはFC店とのこと。

 

久しぶりの訪問なので、看板メニューをチョイス。

 

スープはあっさりと口当たりの良い豚骨ベース。

麺は加水率が低く、バスっと歯応えの良い中太ストレート。

「ターロー」と呼ばれる角煮が2切れ。

ざく切りキャベツに香ばしいマー油が特徴。

柔らかなメンマとコリコリの茎ワカメ、昔ながらの固茹で味玉1/2.。

卓上の「辣香」と呼ばれる、オリジナルブレントの唐辛子を振っていただく。

 

 

 

 

桂花故事【文春e-Books】

桂花故事【文春e-Books】

 

 

 

桂花

桂花

  • じんプラットホーム
  • J-Pop
  • ¥200

 

煮干しらーめん 玉五郎 東京新宿店

海老煮干しらーめん 880円

f:id:aratah:20170303194033j:plain

 

関西を中心に店舗展開する「元気ファクトリー」の東京進出ラーメン店。

 

券売機で基本の「煮干しらーめん 780円」の食券を購入して、

春季限定の「海老煮干し変更券 150円」を追加。

奥に長いカウンター席に座り暫し待つ。

 

煮干しと豚骨のWスープはそれほど主張は強くなく、甘めの醤油味。

底に沈んだ海老粉を混ぜ合わせると、海老の風味が広がる。

麺は中太縮れ、煮干し系には珍しいがツルツルとした食感が面白い。

春キャベツの柔らかな食感と、パクチーの香りがアジアンテイスト。

チャーシューは脂身が旨味の肩ロース。ナルトと糸唐辛子が彩りのトッピング。

 

 

 

 

ズッシリ!ダイカストシリーズ ロボダッチ タマゴロー VOL.1

ズッシリ!ダイカストシリーズ ロボダッチ タマゴロー VOL.1

 

 

 

エビ

エビ

 

風雲児

らーめん(大盛) 750円

f:id:aratah:20170301123122j:plain

 

本日より新宿勤務開始。

初日は近所の行列店に初訪問。

 

ランチタイムの行列はサラリーマンから旅行者、外国人まで

店外に道路を挟んで10人以上と、店内にも15人くらいの並び。

回転は速く、外国人客にも慣れている様子。

程なく入店して券売機で食券を購入、

店内で並んでいる間に食券を渡して、サービスの大盛りをお願いする。

 

スムーズな席案内で、着席するとすぐにお冷と

さほど待たずに丼が到着。

 

スープは濃厚豚骨魚介のドロドロ系。

麺は硬めに茹で上げられた中細縮れ。

バラロールチャーシュー・やわらかメンマ・青ネギの薬味。

卓上の粗挽き胡椒・七味をピリッと効かせて完食。

 

 

東京都渋谷区代々木2-14-3 北斗第一ビル1F

 

 

風雲児たち (1) (SPコミックス)

風雲児たち (1) (SPコミックス)

 

 

 

風雲

風雲

  • 鄭伊健
  • 広東ポップ
  • ¥200

 

天鳳

めんばり 750円 + めし(ただ)

f:id:aratah:20170228130313j:plain

 

六本木を離れるので、最後に選んだラーメンはこちら。

 

相変わらずの賑わい。運良く空いていたカウンター席に座り

「一三五」の上位バージョン「めんばり」でお願いする。

 

スープはキリッと醤油とこってり油。

西山製麺謹製の中太縮れ麺はワシワシの食感。

パサつくチャーシューとたっぷりメンマ、シャキシャキの長ネギ。

サービスの小ライスとともにいただく。

 

 

東京都港区六本木7-8-5 ロック&ロックビル1F

 

 

天鳳 公式完全攻略読本

天鳳 公式完全攻略読本

 

 

 

天鳳環佩 (笙獨奏)

天鳳環佩 (笙獨奏)

  • Noble Band
  • 中国弦楽
  • ¥150

 

内埜勝覚

醤油らぁめん 800円

f:id:aratah:20170227131759j:plain

 

当初2/28オープンとなっていて、現在はプレオープン中のようだが

現状では3/20グランドオープンとなっているようだ。

 

外観も内装もお洒落なデザイナーズ物件で、およそラーメン屋とは思えない造り。

券売機のメニューは醤油と塩の二種類と、味玉などのトッピング。

醤油は平打ち麺、塩は全粒粉入り細麺との案内表示。

 

店内はほぼ満席で、オペレーションは混乱中。

注文間違い・トッピング忘れ・食券の紛失など、

丼がトレイに乗って登場したのは約20分後。

 

スープは鶏白湯。白湯の濁りは半透明程度のあっさり仕上げ。

甘めのカエシと胡麻油が香る、ユニークな味わい。

麺は幅広の平打ち縮れ。ツルツルときしめんのような喉越し。

チャーシューは専用釜で焼き上げた本物の焼豚。少しレアめの柔らかジューシー。

拍子木切りの極太メンマと海苔、伊達巻はラーメンのトッピングとしては珍しい。

胡椒などの卓上スパイスがカウンターに1セットしか無いので、

殆どの人が使えていなかった。

 

プレオープンならメニューを絞らないと厳しいかな。

 

 

東京都港区麻布台1-10-6

 

 

 

 

昇格

昇格

  • ZUNTATA
  • サウンドトラック
  • ¥150

 

札幌ラーメン どさん子 亀有南口店

牛スジ和風カレー麺 750円

f:id:aratah:20170226010538j:plain

 

「今月のイチ押し麺」

 

スープは鶏豚をベースに鰹の和風出汁。

背脂とカレーを効かせて、こってりスパイシー。

麺はモチモチの中太縮れ。

牛スジはカレー煮ではなく、醤油で甘辛くトロトロに煮込まれている。

海苔・チンゲン菜・笹切りネギ・糸唐辛子のトッピング。

解した牛スジを麺に絡めていただく。

卓上の七味唐辛子がよく合う。

 

半ライスが190円ではなく、100円だったらセットにしていたのだが。

 

 

 

 

 

 

 

麺屋 大つけ麺博

つけ麺フロマージュ(牛サーロインしゃぶしゃぶ添え) 1200円

f:id:aratah:20170224210244j:plain

 

毎年秋に開催されている「大つけ麺博」の人気店が期間限定で出店。

第一弾は「ドゥエ イタリアン」が2/8~5/末まで常設。

昨年の出品メニューはディナータイム限定。

 

店内は本店同様明るくおしゃれな内装で、

女性店員も注文を受けると「per favore」と厨房に伝えている。

 

麺は大皿に、パスタの様なツルツルの太ゆるウェーブ。

つけ汁は水滴型の器に、濃厚なフォンドボーのデミグラスソース。

器の半分を覆い尽くすサーロイン牛しゃぶは、柔らかなレア仕上げ。

クリームチーズを麺に絡めて、つけ汁をたっぷりつけていただく。

青ネギが爽やかな薬味。卓上のミル挽き胡椒をアクセントに加える。

 

割りスープはティーポットにコンソメの様な洋風出汁。

あっさりと最後まで楽しめる。